第24回目・FIBA ワールドカップ 2019 アジア地区1次予選 vsオーストラリア

第24回目。

2018年6月29日、日本がオーストラリアに勝った。こんな試合を、いつか記す時が来るだろうとおぼえがきブログを始めた。今までのバスケの試合で圧倒的に一番感動した。

でもこんな試合は、文章でどう書いたって表現出来ないんだと分かった。されど、少しでもこの日の事を思い出せるように書いてみる。

アジアで無敗、あの中国も一度も勝利した事が無いオーストラリアに、アジア予選全敗中の日本が勝った。満員の千葉ポートアリーナが声援で揺れたと観客が言っている。

オーストラリアは、ミルウォーキー・バックスのマシュー・デラベドバとソン・メイカーを新たに加え、2次予選にこの試合の勝敗が持ち越される事もあってか、実績であきらかに格下である日本相手に盤石の布陣で臨んできた。

日本は、八村塁とニック・ファジーカスを新たに加えた布陣。ニック・ファジーカスは試合前に「オーストラリアは僕のいる日本代表と対戦したことが無い」と言い、生まれたばかりの息子に父が何を成し遂げたかをいつか伝え、可能性は無限に広がっているのだと伝えたいと言っていた。八村塁は練習から別次元のインパクトを与えているようで、馬場雄大が「あいつのプレーは『やれよ、出来るんだろ?』と言われているようで影響をうけている」と言っている。

同じコートにデラベドバとメイカーがいる、その迫力は凄いものがある。ソン・メイカーは画面から、大きさと長さが異様なのが伝わってくる。ティップオフ、八村塁がメイカーと互角の高さまで跳んだ様は、のっけから今までの試合とは違うと感じさせられる。試合が始まってすぐに八村塁がプルアップジャンパーと、ドライブから身体をディフェンスにガシっと当ててからのフェイダウェイジャンパーを2本決める。その打点の高さが今までの日本代表の試合では見られない異常な高さで、すぐにソン・メイカーが腰を低く下げてディフェンスをする。ワンプレーで、こいつは本物だと感じさせられているのが、その姿勢からビンビンに伝わってくる。

オーストラリアは日本相手だと、いつもフィジカルを前面に出して圧倒してくるが、ショートコーナーでパワープレーをしかけてきたオーストラリアのセンターが背中で、八村塁を1ミリも押し込む事が出来ず、ガードにボールを返したシーンは胸が熱くなった。フィジカルプレーは、八村塁には通用しないと試合序盤で感じさせていた。

オーストラリアの監督は試合序盤、余裕な雰囲気で笑っているシーンが2度ほど映し出されていた。選手が感じている異変を感じられていないようだった。格下の日本が頑張っているなあという程度の反応と言っていい。それが、ゲームの殆どを日本にリードされ、デラベドバとメイカーを試合終盤では下げられないようになっていた。下げると点差を離される怖さを感じているようだった。八村塁とニック・ファジーカスに対抗できる力がそれ以外の選手では分が悪いと感じさせられているからだ。終盤のタイムアウトでは、大声で指示を出す姿があり、負けが確定した瞬間は両手を挙げて嘆いていた。確かに今までの日本に二人選手が加わった程度で負けるとは思っていなかっただろう。でもそれぐらい、今日の日本の二人はリバウンドにディフェンスに安定した力を出せていた。

デラベドバは4得点8アシスト、ソン・メイカーは13得点12リバウンド、対する日本の八村塁は24得点7リバウンド、ニック・ファジーカスは25得点12リバウンド。数字では圧勝しているが、デラベドバとメイカーの二人は格が違うという事は試合を観た人なら誰でも感じられたはずだ。その二人と互角以上にやりあえる選手が日本代表にいる事がどれほど凄い事か、本当に感じずにはいられない。この二人がいると、比江島慎、馬場雄大竹内譲次の3人が効果的に生きてくる。デラベドバとマッチアップした比江島慎は、ハンドリングが良いのでデラベドバお得意の激しく間合いを詰めるディフェンスを試みようとするが、比江島慎はスルスルとピックを使って捕まらない。試合終盤の比江島慎から馬場雄大バックドアに合わせたノールックパス、そこからのリングの高さでのレイバックのシーンは、オーストラリアが馬場雄大のスピードと跳躍力に着いてこられないシーンでもあり、それぞれの選手が互角になると、日本の強みが分かるようになってくる。つくづくバスケットボールはチームスポーツなんだと感じさせられる。

ディフェンスでは、ニック・ファジーカスの横の動きが弱い部分を2-3ゾーンで凌ぐ。日本は、点を決めればゾーン、それ以外はマンツーの変則ディフェンスで、オーストラリアはやりにくそうだった。オーストラリアのFG%が34%と、およそ日本相手の数字とは思えないほど低いのが、それを物語っている。2-3のゾーンは日本の高校生の試合のような、よく動くゾーンで国際試合であまり見れないディフェンスのスタイルだったと思う。アルゼンチンリーグの昨シーズンチャンピオンのフリオ・ラマス監督の本領が発揮されていた。それを可能にしているのが八村、馬場、比江島に篠山などのよく動くメンバーで、ニック・ファジーカスの弱点を消して、ストロングポイントである長さとポジション取りのうまさを最大限引き出せていた。

オーストラリアがアジア予選に来たときは、強すぎるのではと言われていた。サッカーでも同じように言われてたと記憶しているが、そんな簡単ではないとサッカーと同じように今日は示せたのではないだろうか。その相手が日本だとは思ってもみなかったとは思うが。

私が定期的にやっているバスケ教室に、最近は80人以上の小学生から中学生までがやってくる。その子たちにワールドカップの話をしたら、全員サッカーの事だと思っていた。

今日の試合みたいに、バスケで前向きな話が出来ることは得難いものがあるし、サッカーなどと共に日本のスポーツの一つとして盛り上がってくれればと思う。

第23回目・インターハイ 2018 京都予選 決勝 東山vs洛南

第23回目。

下馬評は、洛南やや有利と聞いていた。実際に準々決勝の映像を確認したら、洛南の方が体格、ファンダメンタル、チーム力等々、全国でもトップレベルと感じたし、吉田監督の指導力は健在だなあと率直に思えた。選手一人ひとりからセンスを感じるし、昔からそうだが、今年の洛南も大学生の強いチームのような雰囲気がある。一方の東山は、高校生の強いチームという印象で、粗削りな印象を受けた。

楽しみにしていた決勝は、子どもたちとテレビ観戦。出だしは洛南ペースで進み、東山はズルズルと点差を離されていく。ここで東山のバックコート陣は、205センチの留学生クリスティンへゴール下のパスを冷静に通していく。その中に一年生ながらPGをまかされている11番の選手がいた。当然、数か月前まで中学生だった選手だが、洛南のオールコートプレスにも動じなかった。平均185センチほどの屈強な洛南の選手が全力で行うオールコートプレスに対して、170センチほどの華奢な体のこの選手が堂々とプレーし、スペースを見つけてパスやドリブルで揺さぶり、時には先輩に指示を出している様子は、驚かされた。そして、洛南が一番やられたくないゴール下のクリスティンへのパスを数回通し、何度か洛南に行きかけたペースを冷静に東山のリズムに戻す作業を行っていた。

試合中盤で洛南のシュートが入らなくなる。ここで気になったのが、洛南の選手が準々決勝で見せたようなプレーが何故、出来ていないかだ。チームオフェンスで冷静に攻めるのが、京都で見るいつもの洛南なのだが、この試合は2Q、3Qにかけて高校生特有のバタバタしたバスケになっていった。その原因が知りたくて、準々決勝と見比べてみた。一番の違いは、東山のディフェンスにあるように感じた。東山の選手も洛南ほどではないにしろ、そこそこ大きく速い。その選手たちが、洛南のピック&ロールや、オフボールスクリーンを使ってフリーを作るオフェンスを封じる為、ショウディフェンスやスイッチ、ディナイをかなり激しく一試合を通して行っており、洛南の選手が思い通りにプレー出来ていなかった。東山は、ハーフコートのマンツーマンディフェンスを基本にしているが、洛南のPGがフロントコートまで運んでくる最中でもチャンスがあれば、間合いを詰めてディフェンスし、ハーフコートオフェンスにスムーズに持って行けない状態を何度か作っていた。球際の激しさが準々決勝の時と明らかに違うディフェンスだった。

このディフェンスは、精神的な部分も大事になる。ここが以前の東山との一番の違いだと感じる。当然、留学生の存在なくして今の東山は語れないが、留学生だけで勝てるほど洛南は甘くない。それぞれの選手が対等と思ってプレーする事がどれだけ出来るかだと思う。そういった事を強く感じているから東山の大澤監督は、留学生を取り続けているのだと思う。それは試合後、東山の選手が「東山の伝統をここで止めるわけにはいかないと思っていました」とインタビューで答えていた事からも分かる。インターハイ京都予選を4連覇しないといけないと選手が感じている状態を維持したいと思っているのだと感じる。洛南が京都を40連覇以上していた時代は、他の京都のチームはどうせ負けると負け癖がついていた。それを払しょくする為のマインドセットのきっかけが留学生であり、勝つ事を伝統にしていきたいと考えているのだと思う。陸上の為末大が以前に何かの記事で書いていたが「マインドセットが変われば、世界が変わる」という事なんだと思う。当然、そこからレベル向上に繋げる事が大前提だが、40年以上負け続けたチームとして、マインドの部分の大事さを大澤監督は身に染みているだろう。

洛南にとっても勝つか負けるか分からない試合のプレッシャーは、良い経験だと思う。こういった試合は、シュート一本一本が重たくなり、そんな状況でも決めきる力が必要になってくる。かっこ悪くても決めきる力が試されるレベルなのかもしれない。この悔しさを、今度は洛南が持ち、良いライバル関係を築ければ面白いと思う。洛南のポテンシャルは以前と変わらず全国トップレベルと感じるので、次はどちらが勝つか分からない。

いままでの京都予選では、そこまで関心の持てる状態では無かったので、そういった意味でも良い事だと思う。

第22回目・Bリーグ 2017-18シーズン チャンピオンシップ ファイナル

第22回目。

Bリーグ 2017-18シーズンのファイナルは、アルバルク東京の勝利で幕が下りた。ファイナルを観て感じたのは、「事実上の決勝戦は、アルバルク東京シーホース三河の2試合連続オーバータイムまでもつれたセミファイナルだった」と言われてもおかしくないほど、アルバルク東京の完勝だったという事だ。ファイナルにも関わらず85-60の25点も点差が開き、一発勝負のファイナルに対する準備や戦術、メンタル含め、かなりの差が出たという印象だ。

千葉ジェッツの大野篤史監督は若く、良いリーダーであり、雰囲気もあって、私は彼の本を読んだりして大好きな監督の一人なのだが、今回は相手であるアルバルク東京の監督ルカ・パヴィチェヴィッチが数段上手だったと言わざるを得ない。ヨーロッパ最高峰のユーロリーグで3度優勝し、アンダーカテゴリーではアメリカにも勝っているこの名将は、伊達ではないと感じさせられた。経験が豊富で、インタビューを見る限りでは情熱的で実直。プロの練習に2部練習を持ち込むほど練習熱心で、馬場雄大が海外挑戦と迷った結果アルバルク東京入りを決めたのも、このルカ・パヴィチェヴィッチが監督なら、自分を伸ばすことが出来ると思えたのが要因だったと言っている。

これでアルバルク東京読売ジャイアンツ化というか、バックアップがトヨタという事も含め名実共に王者というポジションに収まったという感じか。他クラブは打倒アルバルク東京という気持ちで挑んでくるだろう。そういったチームがあった方がBリーグ的にも良い。昨シーズンのアルバルク東京もそういったチームになりそうな雰囲気はあったが、助っ人外国人がヤンチャで、若い監督という事もあってか若干チームを掌握しきれてない感が見て取れた。今シーズンは、同じ轍を踏まないよう助っ人外国人はクレバーで冷静でナイスガイな選手を獲得、鳴り物入りで加入したカンザス大を卒業したばかりのランデン・ルーカスは故障のため早々に戦線を離脱したが、すぐにプレンダン・レーンを加え白人2人と黒人のジャワッド・ウィリアムズという体制を整えた。特にジャワッド・ウィリアムズは、精神的にも頼れる雰囲気が全面に出ており、プロ選手としてお手本のような雰囲気がある。新外国人とレベルの高い既存選手を基盤とした中にルーキー馬場雄大と斎藤拓実、新加入に安藤誓哉と小島元基、そして監督に実績のあるルカ・パヴィチェヴィッチという盤石の布陣を敷くことができた。シーズン途中で失速した期間もあったが、ポストシーズンの選手層の厚さを考えると、ゲームの強度が上がっても戦える選手を増やすために、色々と先を見据えてチーム作りをしていたのではと思わされた。

ファイナルの会場、横浜アリーナは満員の観衆12,000人で埋まっていた。未来的な雰囲気もあり、ファイナルに相応しい環境で、バスケットボールを楽しめた。選手もインタビュー含め、最初は見ているこちらがドキドキしたりしたものだが、今や自分の言葉で冷静に発言しているのを見ると、プロになっていってるなあと密かに感動している自分がいる。何よりもディフェンスが依然と比べてハードで、1試合を通して緊張感が持続しているのが嬉しく、アルバルク東京に勝つためには、そのレベルのディフェンスを上回るオフェンスが必要だし、ディフェンスも同じレベルが基準になって行くだろう。それこそがプロを作った意味だし、それにこたえられるような給料を払える環境が良い循環で向上する事を願う。

第21回目・Bリーグ 2017-18シーズン チャンピオンシップ セミファイナル

第21回目。

アルバルク東京シーホース三河のセミファイナルが終わった。子どもと一緒に2戦ともテレビで観戦したのだが、2戦ともオーバータイムまでもつれる試合で、京都以外の試合にも関わらず、痺れる事の出来る試合だった。東京の田中大貴三河比江島慎の大学時代から続くライバル関係。田中大貴が下がっても、この2試合で数本のダンクを叩き込んだ馬場雄大が出てくるという、比江島慎が感じる負担感。日本代表にいつもあと一歩で選ばれない三河の金丸晃輔の、そんな情報を払しょくする勝負強さ。背景に色々な物語性を感じながら観戦する。2試合目の第4クォーターの最後、3点差の場面で比江島慎がベタベタにつかれながらもスクリーンを使ってズレを作り、体勢を崩しながらもスリーをねじ込んだシーンでは、三河のホームであるウィングアリーナ刈谷を埋めた満員の観客は総立ちになって喜び、涙を流している観客もいたのを見て、羨ましかったし、このレベルの試合を京都がする為には、もう一歩、チームとしてステップを登らないといけないとも感じた。

両チーム共に、能力の最大限を出して勝負しているのが画面からも伝わってきて、正直クォーターファイナルで京都が対戦した時のアルバルク東京とはギアの入り方が、全然違うという印象だった。一つ一つのプレーに気持ちがこもっていて、選手は戦っていた。

結果は、アルバルク東京の勝利で、ファイナルを千葉ジェッツと戦う。アルバルク東京は、選手層が厚い。このレベルで試合に参加できる選手がスタメン以外に5人いる。対するシーホース三河は1人か2人。最後は、選手層の差が出たように感じる。この選手層の厚さというのは、色々な要素があるので、選手個人のレベルがそのまま選手層の厚さという事でも無い。監督の考え方、日ごろからの信頼関係、選手のメンタル、双方の関わりや相性なども加わってくる、そこにもまたドラマがあるんだと思う。

残留プレーオフの方もチケットはソールドアウトで、凄い試合になっている。ファイナルも、ちゃんと観ておこうと思う。記憶に刻む事も大事だ。

キャブスのあるクリーブランドは、地元のプロスポーツチームの優勝が50年以上も無かった街だったそうだ。一昨年のレブロン・ジェームズのザ・ブロックは、そういった歴史を払しょくする地元民の想いがのったブロックだったと知った時は、感動した。ファイナルで1勝3敗から優勝したチームは無いと言われ、相手は史上最強のチームの一つと言われ、歴史は繰り返されると諦めかけてた地元のファンがテレビの画面を固唾を飲んで見守る中、そのブロックを決めたのが、地元出身のレブロン・ジェームズだった。背負ってるものが違うと感じた。

NBAでも、背景を知らなかったら、レベルが高くても楽しめない。やっぱりストーリーが必要だと良く思う。

Bリーグも、今日の試合のように一戦一戦、気持ちを込めて戦っていけば、歴史が出来ていくのだろうと思う。そんなセミファイナルだったと思う。

第20回目・Bリーグ 2017-18シーズン チャンピオンシップ 審判とハンナリーズ

 

第20回目。

2017-18シーズンがあっけなく終了した。最後は、アルバルク東京とのクォーターファイナルを2連敗。色々と理由はあるが、私の中で期待していたプレイオフであるチャンピオンシップが、盛り上がらないまま、というか不完全燃焼で終了した。

理由のひとつは、レギュラーシーズンの勝率で大幅に上回るアルバルク東京のホームで開催だったのだが、消化試合かと思うほど人が入っていなかった。他のクォーターファイナルの会場は満員で、会場が一色に染まるような状態なのに、拍子抜けをしてしまった。京都は観客が少ないと言われながらも、ハンナリーズアリーナはシーズン終盤に来て満席に近い状態が続くようになっていたので、東京でアウェーの中で緊迫した試合を期待していただけに、空席の目立つアルバルク東京のホームに気持ちが少し落ちたのは事実だ。京都から東京まで応援にかけつけている水色の観客が相対的に目立つように感じる程だった。

もうひとつは、ジョシュア・スミスの危険な行為という判定による5試合出場停止だ。チャンピオンシップの為に獲得したと言ってもよい選手が、そのチャンピオンシップに出られないという何ともツライ状況になってしまった。これと同じ事で、ジュリアン・マブンガの1戦目最後におかしたアンスポーツマンライクファールとテクニカルファールによる2戦目の出場停止も勝負に水を差した。

この二つのファールは、ジュリアン・マブンガがツイッターで言うように人生で初めてのアンスポーツマンライクファールであり、その判定はとても理解出来ないものだというのは良く分かる。ジョシュア・スミスの行為も、彼の性格を知る京都ファンなら故意ではなく、様々な要因が重なって起こったものである事も理解できる。

ただ、それもスポーツの要素だ。日本の審判のレベルについては、日本に来た時点で1試合目からアジャストしなければならない大事な要素だ。審判も、FIBAの基準に沿って対応し、毎年細かな部分で笛の基準が変わる中で判断している。確かに、納得の出来ない笛はたくさんあると感じる。でも、それでも戦う両チームに同じレベルで吹かれている笛に一喜一憂しない事も大事になってくる。それも含めてBリーグであり、どの国に行っても、それぞれに異なる違いがあると思う。そういった事に上手く対応しなければ勝てないという事なんだと思う。

ハンナリーズは、そういった部分の甘さが出て、負けるべくして負けたと思う。この経験を、来シーズンに活かし、今いるメンバーを中心に頑張ってほしいと思う。