第39回目・FIBA ワールドカップ 2019 アジア地区2次予選 vsイラン

第39回目。 2019年2月21日の夜中にあった試合。 1年以上続いたワールドカップ予選も、あと2試合。4連敗でスタートした時は、何年後かにBリーグ効果がプレーに反映されて出場出来る時が来るのかな、と諦めかけていた。それが、そこから八村塁選手、ニック・フ…

第38回目・Bリーグの外国籍選手や留学生について

第38回目。 Bリーグ2018-19シーズン第18節2戦目、2019年明けて早々の1月6日の京都ハンナリーズ対新潟アルビレックスの試合を観て、色々と感じたので書き留める。 第18節1戦目は新潟に完敗で、勝てる要素が見当たらない感じだったのが、第2戦目で接戦となり勝…

第37回目・2018年 雑感

第37回目。 2018年をバスケットボール的に振り返ると、このおぼえがきを1年半前から書きだして良かったと思える、書き始めたタイミングとして最適だったのではないだろうかと思える、ターニングポイントとなる一年だったと思う。 このブログを書き始めた1年…

第36回目・ウィンターカップ 2018

第36回目。 ウィンターカップが福岡第一の圧勝で幕を閉じた。 地元、京都から出場している東山と2回戦で対戦した福岡第一をじっくりと観戦した。東山は、ハーフコートで勝負するいわゆるディレイオフェンスのチームと言っても良いと思う。直訳すると遅いオフ…

第35回目・FIBA ワールドカップ 2019 アジア地区2次予選 vsカザフスタン

第35回目。 2018年12月3日、カザフスタンとの試合。 9月に2次予選初戦で対戦(第27回目・FIBA ワールドカップ 2019 アジア地区2次予選 vsカザフスタン - バスケットボールおぼえがき)し、85-70で勝利している。が、その時は、八村塁と渡邊雄太がおり、今回…

第34回目・FIBA ワールドカップ 2019 アジア地区2次予選 vsカタール

第34回目。 2018年11月30日にあったカタール戦。 日本、カタール共に1次予選をグループ最下位通過。ただ日本は、八村塁、渡邊雄太、ニック・ファジーカスが代表入りしてからは別のチームと言っても良いぐらいチーム力が格段に上がりアジア最強のオーストラリ…

第33回目・渡邊雄太がメンフィスグリズリーズでNBAデビュー

NBA

第33回目。 2018年10月27日、渡邊雄太がメンフィス・グリズリーズの一員としてNBAデビューを果たした。 田臥勇太が2004年11月にフェニックス・サンズの一員として4試合に出場し、計17分、7得点3アシストして以来、14年振りのNBA史上2人目の日本人選手として…

第32回目・SHOE DOG 靴にすべてを。

第32回目。 「SHOE DOG 靴にすべてを。」フィル・ナイト著(SHOE DOG)を読了した。 毎月、数冊本を読むのだが、最近では一番面白かった。普段、バスケの時に着るウェアやバッシュで大好きなナイキ。それを創ったフィル・ナイトの自伝で、自ら著した本だ。 …

第31回目・ウィンターカップ 2018 京都予選 決勝 東山vs洛南

第31回目。 2018年11月10日にウィンターカップ京都予選の決勝があった。覚えてる限りでは、4年連続の東山対洛南だと思う。圧倒的な強さで両チームが勝ち上がってきたかというと、洛南は圧倒的だが東山はそうでもなく、準決勝で鳥羽に12点差と、そこそこ競っ…

第30回目・Bリーグ 2018-19シーズン 9試合目 vsアルバルク東京

第30回目。 2018年10月27日、18-19シーズン最初のハンナリーズ生観戦。もちろんハンナリーズ戦は、全試合テレビ観戦している。 息子二人と電車に乗ってハンナリーズアリーナへ。息子二人は、私の気持ちなど分かるはずも無いと思うが、子どもと一緒にプロバス…

第29回目・ダブドリという雑誌

第29回目。 中山佑介(tmgathletics | プロフィール)というキャブズでアシスタントATをやっていた凄い方のブログ(tmgathletics | ブログ)と、ダブドリ(バスケ雑誌『ダブドリ』)という雑誌を読んで、色々と感動したので、全然関係ないが、思っている事を…

第28回目・FIBA ワールドカップ 2019 アジア地区2次予選 vsイラン

第28回目。 オーストラリアに続いて、アジア最強の国の一つであるイランに、2005年以来の勝利。もう驚かない、実力でイランに勝っていた。何年たっても勝てないだろうと感じていたオーストラリアや、パワーや跳躍力、上手さ、全ての面で地力の違いを感じさせ…

第27回目・FIBA ワールドカップ 2019 アジア地区2次予選 vsカザフスタン

第27回目。 2018年9月13日にアウェーで、FIBA ワールドカップ 2019 アジア地区の2次予選初戦であるカザフスタン戦があった。 私の知っているカザフスタンに関する情報はゼロ、日本代表にとっては手ごわい相手だろうと勝手に想像していた。対する日本は、ニッ…

第26回目・2018年アジア大会での日本代表の不祥事について

第26回目。 情けなくて残念な話を書きたくないが、日本バスケの変遷を記すおぼえがきなので書こうと思う。 2018年8月10日からインドネシアのジャカルタで開催されているアジア大会で、バスケットボール男子日本代表の4選手が買春行為を犯し、代表認定を取り…

第25回目・渡邊雄太がメンフィスグリズリーズと2ウェイ契約

NBA

第25回目。 渡邊雄太がメンフィスグリズリーズと2年間の2ウェイ契約を結んだ。時を同じくしてナイキとの7年契約も結んでいる。 まだNBAのコートに立てたわけではないので、喜びすぎてもいけないが、サマーリーグで冷静に熱く挑戦している渡邊雄太を見ている…

第24回目・FIBA ワールドカップ 2019 アジア地区1次予選 vsオーストラリア

第24回目。 2018年6月29日、日本がオーストラリアに勝った。こんな試合を、いつか記す時が来るだろうとおぼえがきブログを始めた。今までのバスケの試合で圧倒的に一番感動した。 でもこんな試合は、文章でどう書いたって表現出来ないんだと分かった。されど…

第23回目・インターハイ 2018 京都予選 決勝 東山vs洛南

第23回目。 下馬評は、洛南やや有利と聞いていた。実際に準々決勝の映像を確認したら、洛南の方が体格、ファンダメンタル、チーム力等々、全国でもトップレベルと感じたし、吉田監督の指導力は健在だなあと率直に思えた。選手一人ひとりからセンスを感じるし…

第22回目・Bリーグ 2017-18シーズン チャンピオンシップ ファイナル

第22回目。 Bリーグ 2017-18シーズンのファイナルは、アルバルク東京の勝利で幕が下りた。ファイナルを観て感じたのは、「事実上の決勝戦は、アルバルク東京とシーホース三河の2試合連続オーバータイムまでもつれたセミファイナルだった」と言われてもおかし…

第21回目・Bリーグ 2017-18シーズン チャンピオンシップ セミファイナル

第21回目。 アルバルク東京対シーホース三河のセミファイナルが終わった。子どもと一緒に2戦ともテレビで観戦したのだが、2戦ともオーバータイムまでもつれる試合で、京都以外の試合にも関わらず、痺れる事の出来る試合だった。東京の田中大貴と三河の比江島…

第20回目・Bリーグ 2017-18シーズン チャンピオンシップ 審判とハンナリーズ

第20回目。 2017-18シーズンがあっけなく終了した。最後は、アルバルク東京とのクォーターファイナルを2連敗。色々と理由はあるが、私の中で期待していたプレイオフであるチャンピオンシップが、盛り上がらないまま、というか不完全燃焼で終了した。 理由の…

第19回目・ニック・ファジーカス日本国籍取得

第19回目。 ニック・ファジーカスが日本国籍を取得した。このニュースを確認するまで、ニック・ファジーカスの名前は知っていたし、昨シーズンのBリーグ得点王であり、それまでの実業団時代も3シーズン得点王という事も知っていた。昨シーズン、ハンナリーズ…

第18回目・Bリーグ 2017-18シーズン 53試合目 vsレバンガ北海道

第18回目。 最近、土日も何かと仕事や何やらで忙しく、疲れも溜まっている事もあって、週末に当日録画した京都ハンナリーズの試合をソファに腰かけて観るのがささやかな至福の時となっている。負けるとややテンションが下がるのだが、それでも試合を観ている…

第17回目・Bリーグ 2017-18シーズン 50試合目 vs滋賀レイクスターズ

第17回目。 京都ハンナリーズの試合は、忙しくても全試合なんとか観ている。私にとっては面白いし、チームとして魅力を感じている。シーズンも60試合中50試合目まで来て終盤にさしかかってきたが、Bリーグ開幕2年目で京都ハンナリーズがプレイオフであるチャ…

第16回目・FIBA U17 ワールドカップ 2018 アジア地区予選(U16 アジア選手権) vsフィリピン

第16回目。 これに勝てばU17 ワールドカップ出場が決まる試合。相手はグループ2位通過のフィリピン。結果は、2点差で負け。残念。日本の身長は、私の高校の時のチームと同じくらいなので、よくやったとも言えるが、背が低くても勝てるところを見たかったし、…

第15回目・FIBA U17 ワールドカップ 2018 アジア地区予選(U16 アジア選手権) vs韓国

第15回目。 予選リーグの山場、日本と同じ2連勝の韓国との一戦。勝った方がグループ1位で決勝トーナメントに進出が決まる。結果は76対73で勝利。 169センチの河村勇輝(福岡第一高校)につきる一戦だったと思う。ルーズボールの密集からコンマ何秒早く抜け出…

第14回目・FIBA U17 ワールドカップ 2018 アジア地区予選(U16 アジア選手権) vsインド

第14回目。 2年ごとに開催されるバスケットボールのU17ワールドカップが、2018年6月30日から始まる。その出場権をかけたアジア予選が中国で現在開催されており、出場13チーム中上位4チームが本大会に出場できる。 2年前の予選は、16チーム中4位だったが、オ…

第13回目・FIBA ワールドカップ 2019 アジア地区1次予選 vsフィリピン

第13回目。 1試合通して食い入るように観戦した。選手の1プレー1プレーに一喜一憂し、点差が離れれば落ち込み、詰まってくると期待する。そして、最後に84-89で負けという現実を受け止め、と言うかしんどいので受け流し、寝室に向かった。妻も何気に最後まで…

第12回目・FIBA ワールドカップ 2019 アジア地区1次予選 vsチャイニーズ・タイペイ

第12回目。 絶対に勝ちたかった試合、チャイニーズ・タイペイ戦で69-70で敗戦。観戦後の脱力感が凄く、悔しい気持ちで一杯になった。日本のバスケットボールの若年層の指導から変えないといけないのではと、色々と考えてしまうほど脱力したし、試合に集中し…

第11回目・FIBA ワールドカップ 2019 アジア地区1次予選

第11回目。 来週の木曜日、2018年2月22日にFIBA ワールドカップ 2019 アジア地区1次予選のチャイニーズ・タイペイ戦がある。 現在、日本代表は1次予選をフィリピンとオーストラリアと戦って2戦2敗。昨年11月24日にフィリピンをホーム駒沢体育館に迎えた初戦…

第10回目・2017年 雑感

第10回目。 2017年をバスケットボール的に振り返ると、充実した1年だったと感じる。1980年代から1990年代の大学卒業までバスケ部に入って、卒業後も地方の実業団やクラブチームでプレーした私のような連中にとっては、日本のバスケットボールに関する情報が…