高校

第38回目・Bリーグの外国籍選手や留学生について

第38回目。 Bリーグ2018-19シーズン第18節2戦目、2019年明けて早々の1月6日の京都ハンナリーズ対新潟アルビレックスの試合を観て、色々と感じたので書き留める。 第18節1戦目は新潟に完敗で、勝てる要素が見当たらない感じだったのが、第2戦目で接戦となり勝…

第37回目・2018年 雑感

第37回目。 2018年をバスケットボール的に振り返ると、このおぼえがきを1年半前から書きだして良かったと思える、書き始めたタイミングとして最適だったのではないだろうかと思える、ターニングポイントとなる一年だったと思う。 このブログを書き始めた1年…

第36回目・ウィンターカップ 2018

第36回目。 ウィンターカップが福岡第一の圧勝で幕を閉じた。 地元、京都から出場している東山と2回戦で対戦した福岡第一をじっくりと観戦した。東山は、ハーフコートで勝負するいわゆるディレイオフェンスのチームと言っても良いと思う。直訳すると遅いオフ…

第31回目・ウィンターカップ 2018 京都予選 決勝 東山vs洛南

第31回目。 2018年11月10日にウィンターカップ京都予選の決勝があった。覚えてる限りでは、4年連続の東山対洛南だと思う。圧倒的な強さで両チームが勝ち上がってきたかというと、洛南は圧倒的だが東山はそうでもなく、準決勝で鳥羽に12点差と、そこそこ競っ…

第23回目・インターハイ 2018 京都予選 決勝 東山vs洛南

第23回目。 下馬評は、洛南やや有利と聞いていた。実際に準々決勝の映像を確認したら、洛南の方が体格、ファンダメンタル、チーム力等々、全国でもトップレベルと感じたし、吉田監督の指導力は健在だなあと率直に思えた。選手一人ひとりからセンスを感じるし…

第5回目・インターハイ 2017

第5回目。 インターハイが福岡大附大濠の優勝で幕を閉じた。客観的に観て、1番オーソドックスで近代的なバスケをしていたのは福岡大附大濠だと思う。ピック&ロール、スリーポイント、ゾーンディフェンスなど、高校生年代の中では、かなりレベルの高いバスケ…