第18回目・Bリーグ 2017-18シーズン 53試合目 vsレバンガ北海道

第18回目。

最近、土日も何かと仕事や何やらで忙しく、疲れも溜まっている事もあって、週末に当日録画した京都ハンナリーズの試合をソファに腰かけて観るのがささやかな至福の時となっている。負けるとややテンションが下がるのだが、それでも試合を観ている時間は楽しいものだ。

京都の選手や監督が好きだ。京都は、浜口炎監督の方針でヒゲが禁止されている。インタビューで「身だしなみを大切にし、当たり前のことを普通に発信したい。選手も、いつも隣にミニバスの子がいると思ってほしい。一流のニュースキャスターや営業マンがヒゲを生やしたり茶髪にはしない」と選手に伝えていると答えている。バスケットボールはまだまだ日本で小さい存在で、それをどんなブランドにするのかは自分達しだいとも言っている。そんな事もあって、選手は清潔感があって好感が持てるのも私的には良いのだろう。

歳がいったのかもしれない。昔は、マイケル・ジョーダンは別格としてのかっこよさがあったが、10代から20代にかけて他に好きだった選手は、ホワイトチョコレートことジェイソン・ウィリアムス、首絞め事件ことラトレル・スプリューウェル、ジ・アンサーことアレン・アイバーソン、ファブファイブとして全員1年生でダボダボのバスパンをはいて強烈に強かったミシガン大学時代のヘタウマ代表ことジャーレン・ローズあたりだ。

マイケル・ジョーダンは品行方正な雰囲気が前面に出ていたが、実際はコービー・ブライアントがルーキーシーズンを終えてオフに来日し、まだ日本では有名ではない19歳の時のインタビューで言ったように「ジョーダンの貫禄は尋常じゃない。一言で言えば怖いという印象。同じコートでプレーした選手から怖さを感じたのは初めてだった。これから殴り合いの試合をするのかと。バスケットボールで恐怖を感じるって何なんだろうと考えてしまった」との一面がある。私は、マイケル・ジョーダンのそこに惹かれた部分も大いにあったと思う。今振り返ってもジョーダン以外のどの選手も爽やかさとは対極にあるような選手だけど、やっぱり今でも大好きだ。しかし、小学生や中学生にバスケを教えていると、清潔感があって爽やかでかっこよく、そして熱い選手になってほしいなあと思うようになっている現在の自分がいる。

そんな京都は、アウェーでの北海道戦に2連勝。2試合とも接戦で、何とか最後の最後で逆転する同じような展開。京都はジュリアン・マブンガと綿貫瞬が怪我で欠場の中、それぞれの試合で違う持ち味で勝ちきった。

2試合目は頼みのジョシュア・スミスもファールトラブルとなって、苦しい展開だったが、シーズン後半の京都は、こういった試合を何試合も勝利している。チームとして粘り強くなっていると感じる。永吉佑也は、あきらかに上手くなっている。体も絞れてきて、動きも速くなっており、尚且つミッドレンジからスリーまでジャンパーの確率も安定してきている。体が絞れてくると感じるのは、胸板は厚く手足が長く見える事だ。ダンクも余裕で出来る身体能力もあり、以前は代表でも泥臭い裏方の印象だったが、今は攻撃も守備も両面で陰日向に活躍し、信頼できる選手だ。

そして、片岡大晴に元気づけられた。大阪エヴェッサの橋本拓哉が言っていたが、片岡大晴と代表候補合宿で同部屋になった時、毎日ストレッチのケアを入念に行い、謙虚で真摯にバスケットに取り組む姿勢に感動したという話があった。その印象そのままの選手で、常に試合に集中し、強い気持ちでゴールに向かっていく。ここという場面でシュートをねじ込み、日ごろからやれる事は全てやっているという意識が、あのブレないプレーを生んでいるのだと思う。私も仕事で少々疲れていたが、片岡大晴から元気をもらっていた。そんな事もプロスポーツ選手の役割なのかもしれない。取り敢えず目つきがよく、ソルジャーのニックネームどおり1試合でも悔いが無いように全力でプレーする選手だと感じる。

フィラデルフィア・セブンディシクサーズのJ・J・レディックの事がここ数年で好きになったのだが、必死に動き回って、わずかなズレでもスリーを決めたり、スクリーナーとして味方をフリーにさせるこの選手の事を、片岡大晴を見ていると思いだす。J・J・レディックが加入して、シクサーズが粘り強くなっている点も似ている。若い時は気付かなかった目立たないところで汗をかいている選手の良さが、この歳になるとよく分かる。そして、こういうプロフェッショナルな選手が他の選手にもたらす影響は大切だと感じる。そういう存在が、いかに大事かと仕事なんかで何度も感じた経験が、私の感動を誘うんだろう。