第28回目・FIBA ワールドカップ 2019 アジア地区2次予選 vsイラン

第28回目。

オーストラリアに続いて、アジア最強の国の一つであるイランに、2005年以来の勝利。もう驚かない、実力でイランに勝っていた。何年たっても勝てないだろうと感じていたオーストラリアや、パワーや跳躍力、上手さ、全ての面で地力の違いを感じさせられていたイランに勝利した。間違いなく過去最強の日本代表を見る事が出来ている。その中心にいるのは、八村塁だ。この選手の存在が代表の強さ、そのものと言っても良いぐらい。そして、同じタイミングに渡邊雄太とニック・ファジーカスという、これも過去最高の日本代表選手。

いつもNBA、日本代表、Bリーグ、日本の大学、日本の高校と、それぞれの試合を観戦する時は、それぞれのレベルに合うように自然と補正をかけている。NBA基準で観戦すると、それぞれのレベルで発揮されている凄さが分からなくなり、選手の良さや戦術の良さを感じられなくなるから。NBA目線で各カテゴリーを批判的に語るコメントなどを読むと、一度、そのステージに立って体験したら、簡単な批判は出来ず、建設的な批評になるのではと思ってしまうし、今でも、各レベルの良さに気づく事は、とても大切な事だと思っている。だから単なる批判と、建設的な批判批評は、読めば何となく分かる。でも、感情的な批判も建設的なものも、バスケに興味があると言う点では繋がっているし、よくよく考えれば、嬉しい事だと思える。

話は戻って、八村塁や渡邊雄太のプレーに対しては、その補正が自然と外れてNBA基準になっている。日本代表の今までの基準からすると、八村塁や渡邊雄太のジャンパーの打点の高さや、ディフェンスの強度・機動力は異常だ。

渡邊雄太がウィングにいてショートコーナーで相手を完全に抑えてシールする八村塁がいる。渡邊雄太からのパスを八村塁が受ける。一度、渡邊雄太に戻して、もう一回八村塁に入れようとして途中でやめる渡邊雄太。そのやめ方が、片手でボールを握ってハンドボールのようにして止めて、そこから左にドリブルをついて、異常な打点の高さからのプルアップジャンパーを決める。4Q最後のワンプレーだが、一つひとつのプレーが今までの日本代表にとっては考えられないレベルだ。ディフェンスをしているイランの選手などは、レベルの高さを実際に肌で感じているだろう。

よく戦術か、個の力(個人技や身体能力)か、のような話がある。サッカーでも良く聞くし、バスケでも言われる。この話は、複雑にいくらでも出来るが、ある意味、簡単な話だと、今の日本代表を見ていると改めて思う。私見だが9割が個の力で1割が戦術、だいたい、その程度の影響力だと思う。でもバスケの戦術は年々進化し、複雑化している。その1割の戦術が、各カテゴリーでの勝敗を左右するからだ。分かりやすい例をあげると、スペインピック&ロールという戦術が数年前、ヨーロッパで出だした。すぐにNBABリーグでも取り入れられた。そのような事はいくらでもあると思う。おそらくレベルの高いリーグと低いリーグで戦術や理解度に対する差は思っているほど無い。インターネットが、それを可能にしている。学生レベルでも同じような戦術に対する知識を得られる。だが、日本の大学生がNBAのチームに同じ戦術で勝てるだろうか。奇跡が起きても勝てないと言える、それぐらい個々の能力の差が大きすぎるからだ。なので先述のように9割対1割程度の影響力という事になる。となると、プロチームや学校などはリクルートが大切な要素となるし、代表となると、その国の育成が大切な要素となると言える。戦術で勝負出来るところまで、同じ土俵に上がれるまで、まずは個の力を上げる事が必要だから。

何はともあれ、勝てる日本代表の試合は面白い。次からは八村塁と渡辺雄太が日本代表として戻って来られないと言われている。ニック・ファジーカスと残った日本代表の面々の試合を応援したいと思う。それぞれの選手が、八村塁や渡邊雄太と同じチームになって、何かを感じていると思う。馬場雄大は、かなり影響を受けていると言っている。竹内譲次は、八村塁と練習をして、このままでは練習相手にもならないと感じ、レベルアップの必要性を肌で感じているとコメントしている。比江島慎はオーストラリアのプロに挑戦している。

渡邊雄太は、本当に良い選手だ。自身のスティールからのレイアップで同点に追いついた時、観客をあおっていたが、絵になっていた。そんな日本人は、今までいなかった。八村塁は試合後のインタビューで妹へバースデーソングをプレゼントしていた。観客も一緒に歌う。これも絵になっていた。試合前のアップのダンクもショータイムのようだった。彼らがNBAの試合に出たら、彼らの名前と背番号の入ったユニフォームを、子どもの分と合わせて絶対に買う。おっさんに、そんな事を思わす選手が、日本に出てきた事が嬉しい。