第30回目・Bリーグ 2018-19シーズン 9試合目 vsアルバルク東京

第30回目。

2018年10月27日、18-19シーズン最初のハンナリーズ生観戦。もちろんハンナリーズ戦は、全試合テレビ観戦している。

息子二人と電車に乗ってハンナリーズアリーナへ。息子二人は、私の気持ちなど分かるはずも無いと思うが、子どもと一緒にプロバスケを観に行く事が、とても幸せだ。

ヨハン・クライフのインタビューを元に書き起こした著書「美しく勝利せよ」(美しく勝利せよ)に出てくる一文がある。

『靄にけむる日曜の午後、トレーラーに娘を乗せて、馬場に向かう。その時、娘を持った父親なんだなと心底実感する。これは仕事とはまったく異なる充実感だ。父親であることは格別で、とてもプライベートで大きな喜びだ。』

情景が浮かび、共感出来る。

上の中2になる息子は、バスケットがどんどん好きになると言う。その気持ちが、親にとっては一番嬉しいかもしれない。

私の教えているバスケ教室に中学の府選抜の子が、たまに遊びに来る。息子からすると雲の上の存在のようなプレイヤーらしい。

私は、息子に何かを感じてほしいと思い、その子とマッチアップして、どうやって勝つかを5対5の中で見せる。出来るだけ分かりやすくドライブやミッドレンジのジャンパーできっちりと勝つようにしている。

普段は中学生相手にプレーする時、みんなの気持ちが乗るように発破をかけ、タイミングを見計らってスパッと抜かれたりする事を第一に考えている。しかし、府選抜の子と対戦する時は、私はBチームに入り、その子には申し訳ないが、シリンダーの概念の範囲内でフィジカルなプレーや、パッシングでアーリーオフェンスを展開するようにし、きっちり勝ちに行く。

いつも来てくれている他の子たちにも、同じように何かを感じてほしいから。

去年の途中ぐらいから中学生にもバスケを教えるようになって、毎朝早起きをして、走るようにしている。子どもたちと一緒にプレーして、教え続けたいからだ。

でも、もしかしたら、息子たちに、いいところを見せたい一心なのかもしれない。

そんな息子と先日、400メートル走で勝負して、負けた。息子もびっくりしたようで、絶対に私に勝てないと思っていたようだ。

一緒に走っていて感じたが、グングンと加速し、一歩が力強く伸びている。もしくは、私が伸びなくなっていると言った方が良いのかもしれない。

なんにせよ、いよいよ毎日走っても負ける日が来たかと。なんだかんだ、親の役目が、少しづつ終わっていくのを感じる出来事であり、意外と負けるのは嬉しいもんだ。

アルバルク東京との一戦は、そんな色んなことを感じたり考えたりするきっかけになったのだが、一年ぶりのBリーグ生観戦という事もあり、会場に入った瞬間からは、選手の迫力に密かに感動していた。私がバスケットが好きだからなのか、色々な人に、この感動を伝えたいと思う程、普段の生活からは感じられない高揚感がある。

3列目で観戦していたのだが、目の前で選手がプレーしている雰囲気に何とも言えない不思議な感覚がある。選手は大きく、体が絞られており、マブンガやサイモン、アルバルク東京のジャワッド・ウィリアムズなどからは、同じ人間とは思えないカッコよさを感じ、それが非日常感に繋がっているのかもしれない。

下の子は小学生だが、一試合通して飽きもせず、シュートが入ると真剣に喜んでいた。アルバルク東京と力の差はあると感じたが、途中、ハンナリーズが追いつく場面もあり、王者相手に善戦したと言える。バスケは、盛り上がる場面がポゼッションごとにあると言っても良いぐらい頻繁に訪れるので、子どもたちも楽しんだようだ。

最後に、選手全員とハイタッチをしたのだが、近くで見ると、さらに精悍さが増して見える。やはりプロ選手だなあと感じ入る。

刺激をもらえた時間だった。