第38回目・Bリーグの外国籍選手や留学生について

第38回目。

Bリーグ2018-19シーズン第18節2戦目、2019年明けて早々の1月6日の京都ハンナリーズ新潟アルビレックスの試合を観て、色々と感じたので書き留める。

第18節1戦目は新潟に完敗で、勝てる要素が見当たらない感じだったのが、第2戦目で接戦となり勝てそうになったのだが、たまたまではなく、戦略として接戦となった事が、解説の立命館大学バスケットボール部ヘッドコーチの古屋孝生氏の話を聞いて分かった。

解説の内容はバスケットLIVEを見逃し配信で視聴するのが一番良いのだが、京都が相手の攻撃に対してゾーンをどのように都度、変化させているかの説明が的確で、Bリーグのコーチ陣が高いレベルで仕事をしている事が良く分かった。そして、それをポゼッションごとに解説してくれる古谷考生氏の話が知的好奇心を刺激してくれて、バスケットの面白さに深みが出るようで楽しかった。大学のヘッドコーチは、そんな事まで理解して試合を観れるのかと感心した。

そんな中で、試合を観て感じた上記とは別の感想として、外国籍選手の圧倒的なフィジカルレベルの高さと、それで試合がほとんど決定されるような状態という事がある。特に京都も新潟も外国籍選手の依存度が高い。中学生の中に大学生が各チーム2名いるぐらいの差を感じる。これは、オンザコート2の制度が、日本人のレベル向上に本当に繋がっているのか?という疑問となり、高校や大学の留学生に対しても、同じように疑問視する、ちまたでよく話題になっている留学生問題とも共通する事である。

このゲームを観ていても、最初は日本人のレベル向上に繋がっていないのじゃないかと感じていた。特に筑波大学から特別指定で京都に加入している玉木祥護選手に期待をして注目していたので、色々と考えさせられた。

結論から先に言うと、外国籍選手や留学生は、日本人のレベル向上に繋がらざるを得ないという風になっていった。そして、今は過渡期であり、そんな中で突き抜ける日本人が現状でも数名、これからもそれなりの数が出てくると思うに至った。

玉木祥護選手は筑波大学で、それこそフィジカルモンスターとしてレギュラーの座を掴んでいた選手で、数年前のインカレ準決、決勝での働きのインパクトが強く、黒人の留学生と互角以上に渡り合う強靭な肉体と跳躍力を感じる選手だ。私の観た試合では、ゴール下でリバウンドを取って、そのままボースハンドダンクを叩き込むなど日本人離れしていて、びっくりしたのを覚えている。

その195センチの玉木祥護選手が、明らかに小さく見えるのがBリーグだ。外国籍選手のサイズ感が大学の留学生より一回りはデカい。元NBAやらNCAAのファイナルフォーレベルがゴロゴロしているBリーグに入ると、ここまで小さいのかと感じ、細身に見えるジュリアン・マブンガが、どれだけ巨体で動けるかが、リアルに感じられるほどだ。点数を決めるどころか、リバウンドに絡むのも大変に見える。

色々と感じたのだが、195センチであれば、ハンドリングやミドルからロングレンジのシュートの精度やレベルを上げ、どうやったら貢献出来るかなどのバスケIQを高めないとBリーグでは戦えないという事だ。170センチ台の伊藤達哉選手や183センチの柏木真介選手、184センチの片岡大晴選手が、わずかな隙をついてのスリーやフローター、リズムをずらしたプルアップを決めるだけでなく、時にはゴール下のセンタープレーに通ずるステップをしっかり踏んで得点を決めたり、ここと言う場面でリバウンドに飛び込んで取るなど、試合をコントロール出来ているのは、彼らが最初から小さい事を意識して練習し、Bリーグまで勝ち残ってきたからだ。これは福岡第一の井手口監督も言ってる(全国Vの福岡第一、指揮官が「日本のポイントガードは小さくても良い」と話す理由(平野貴也) - 個人 - Yahoo!ニュース)が、大きい相手にどうやったら勝てるかを、それこそ小学生から考えてきた選手と、大きさだけで勝負してきた選手の差だと感じる。

京都は最後、新潟の池田雄一選手にスリーを決められて負けるのだが、この選手は191センチだがスリーを7本打って4本決めている。これはBリーグで生き残るためには、絶対に必要な要素と感じた。191センチでゴール下でゴリゴリ勝負する事は、外国籍選手がいる以上ありえない。でも勝負を決めるプレーに絡んでいる。

言い方は悪いが、日本の中で背が高いからと、お山の大将だったとしても、もう高校のトップレベルでも勝てない。どうやったらバスケで勝てるかを考えて技術を上げないといけない状態が、高校生の段階で経験できるのは、大事な事だと思うし、そこにバスケの面白さも詰まっているように感じる。

それを、感じたもう一つの存在は、桜丘高校の富永啓生選手だ。ウィンターカップでぶっちぎりの得点王(1試合平均39.8点)になり、2位以下の留学生を寄せ付けなかった。ハンドリングとロングレンジのシュートで得点を積み重ね、故にドライブも効果的に繰り出す彼の技術は、バスケの面白さを感じさせてくれた。あのプレーをチームオフェンスの流れの中で決めるステフ・カリーのような選手になれる可能性のある選手だ。ステフ・カリーはアメリカのトップ選手だが、完全に体の大きさや跳躍力以外の部分で勝負し圧勝している。

今まで日本人としては大きいというレベルでプレーしていた選手は、それこそ小学生ぐらいから、自分より大きい選手と戦う事をイメージしてバスケに取り組む事が当たり前になってほしいし、それを真剣勝負の中で鍛えられるのが留学生の存在とも言える。

そして、日本人で2メートルを超える選手は、フィジカルやペイント内でのテクニックを鍛える必要性をより感じられる環境になっている。ラグビーでは当たり前のように取り組んでいる筋力トレーニングなんかが、バスケのトップレベルでも当たり前になってくるのかもしれない。現に東海大学の選手は、他の大学よりガタイが明らか良いし、跳躍力もある。背が高い事だけで圧倒的に有利というような環境が、留学生のお陰でなくなりつつあり、本来のトップアスリートやアメリカのバスケエリートがしている肉体的な取り組みも、日本のバスケのトップレベルでも大事なんだと意識せざるを得ない状況になっていると思う。 田中力選手のアメリカの高校での筋力トレーニングの内容と設備をツイッターで見たが、かなり本格的なものだった。

色々と書いたが、トップレベルではなくても、バスケのスキルを磨く事はバスケの楽しさにも繋がる部分だと思うし、考える事も楽しむ要素と思う。

玉木祥護選手のポテンシャルは、相当高いし、勉強も出来るとか何かで読んだように思うので、環境に慣れれば活躍してくれると思うし、今は逆にワクワクして取り組んでるのかもしれない。

ざっくりとした内容になってしまったが、なんとなく感じた事を、バスケ好きのおっさんの完全な戯言なんだけど、覚え書きとして書き留める。